記事詳細

【ぴいぷる】ももいろクローバーZ、笑って新たなももクロ伝説 「結婚しても続けていくグループでありたい」 (1/3ページ)

 今年5月に結成10周年を迎えるガールズユニット「ももいろクローバーZ」(以下、ももクロ)。今年1月にメンバーの有安杏果が卒業し、4人体制になって心機一転だ。

 百田夏菜子「メンバーの卒業は、やはりショックですよね。ただそれぞれの人生があって、道があるから、何も言えないですしね。メンバーが増えても減っても、新しい形として自分でも楽しんでいけたらと思っています」

 どんな状況でも前向きに乗り越えていくのが、ももクロの魅力。実はメンバーの入れ替わりは今までにも何度もあり、多いときで9人もいたことがあるのだ。

 玉井詩織「メンバーが変わることで、フォーメーションや歌い分けが変わるというのは昔からあったので、臨機応変に対応できるようにはなっています」

 佐々木彩夏「私はみんなとは違って、途中から入ったので、転校生みたいな気分だったのですが、みんなが新しいメンバーが入ることをポジティブに受け止めてくれたので、よかったです」

 そんな新体制のももクロが、13日公開の「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」で、アイドルグループ「くろぐろクローバーZ」役で声優として出演し、主題歌も担当している。

 佐々木「私たちにとって、4人になって初めての大事な曲に、しんちゃんが携わってくれたので心強いなと思いました。振り付けに、映画に出てくる伝説のカンフー『ぷにぷに拳』が入っているので、ちっちゃい子はもちろん、私たちのライブに来てくださるモノノフさん(※ももクロのファン)も一緒に踊ってくれたらうれしいです」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう