記事詳細

【ぴいぷる】博多大吉、育んだコンビ愛…もう一心同体です 「いなくなったら困るから健康でいてね」 (1/3ページ)

 ■「あさ」から「ヒル」まで

 NHKの“朝の顔”になった、お笑いコンビ「博多華丸・大吉」のツッコミ担当だ。

 「『あさイチ』に出演する初日の朝、シャワーを浴びていたときにゾッとしたんです。番組の区切りで言えば、半年、1年だと思うのですが、これをそんなにやるんだ、と。井ノ原さんたちの8年というのはすごいですよね」

 初日はその後、月曜レギュラーを務める情報番組「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)にも生出演した。

 「1日ってこんなに長かったっけ? と思いましたね。朝6時起きで7時前にはNHKのスタジオに入って、『ヒルナンデス』の後は、ロケにも出て…」

 そんな多忙な彼が、13日公開の劇場版「名探偵コナン ゼロの執行人」では、裁判官を目指していた司法修習生、羽場二三一(ふみかず)を演じている。

 「セリフは少ないほうですが、3時間くらい収録しましたね。いろいろなパターンを録ったし、デジタル修正もやっていると思うので、もう2度と同じことはできません!」

 東京サミット開催の地となる東京湾の超巨大施設で、大規模爆破事件が発生。そこには、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影があった。謎の存在である安室は、敵なのか味方なのか?

 「大人でも面白い話です。お子さんにとっては難しいところもあるけど、自分が子供のころ、大人に『お前たちはこんなもんだろう』と作られた漫画には見向きもしなかったので、現代の子供たちにはこれくらいがいいのかもしれませんね」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう