記事詳細

【新橋のネクタイ巻き TV視てますか?】玉石混交の人気ジャンルに挑戦! 超個性派だらけ『崖っぷちホテル!』

 日本テレビ日曜夜10時半からの連ドラ、今期はシチュエーションコメディー『崖っぷちホテル!』。タイトルからも予想できるように、典型的な“ホテルもの”&“立て直しもの”ドラマだ。

 “ホテルもの”も“立て直しもの”もこれまで数多く作られてきた。『HOTEL』に『王様のレストラン』。“立て直しもの”に限っても「町工場もの」「限界集落もの」「病院もの」と数知れず。

 秀作や話題作が多い分、いかにも「焼き直し」でしかない作品もあって、玉石混交。

 でも、“ホテルもの”&“立て直しもの”は魅力的な題材。多少ディスられるのは覚悟で、日曜夜の視聴者を楽しませたい、ホッコリさせてパワー充電に役立てたい…、そんな制作者側の企画意図にオヤジは喜んで乗せられたいと思う。

 今回の舞台は、かつて栄華を極めたクラシカルな老舗の小ホテル。案の定、破産寸前だ。若い新米の女性総支配人(戸田恵梨香)は経営に自信がなく、副支配人(渡辺いっけい)以下のスタッフはやる気のないクセ者や超個性派だらけ。「崖っぷち」に立たされたそのホテルにある日、若い男性客(岩田剛典)が訪れ…と、オープニングはまさに絵に描いたよう。

 とはいえ、季節感の漂う老舗ホテルのたたずまいはやはり絵になる。ふと気がつくと日曜の夜更け、ホテル独特の安らいだ雰囲気に包まれながら画面をぼんやり眺めているオヤジ。既にけっこう癒やされている。

 四六時中、色っぽく酒浸りのバー責任者(りょう)には、渡辺いっけいならずともチョッカイを出してみたくなる。

 イメージポスターはダビンチの絵画「最後の晩餐」を出演者に置き換え、中央に岩田。ただし12人で、1人足りない。と思っていたら、第3話から川栄李奈が加わったようだ。これで13人? ならば、ユダは誰なの?(新橋のネクタイ巻き)

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース