記事詳細

【ぴいぷる】山下洋輔、根底にあった恩師・相倉久人さんの言葉「やりたいことを思い切りやればいいんだよ」 (1/3ページ)

 ■人生の指標

 2015年2月の「ドファララ門」トーク&ライブから3年が過ぎた。トークで共演した音楽評論家の相倉久人さんがその夏に急逝。半世紀以上、人生の指標となった人だった。

 「僕が1969年にフリー・ジャズを始めたとき、根底には相倉さんの言葉、『やりたいことを思い切りやればいいんだよ』があったんです」

 60年代半ばまでは主流派のジャズメン。68年に大病を患ったことがフリーへ変遷したきっかけとも言われるが、一夜にして成ったわけではない。

 「どう考えても、フリーの出発点は相倉さん。誰でも認める正当派を嫌がる人で、前衛派のセシル・テイラー(米ジャズ・ピアニスト)とか、みんなが遠ざけてきたものを、『自分の好きなことをやればいい。それがジャズのいいところです』と教えてくれた。後年にセシルとデュオができたのも、そのおかげです」

 一方、強制的なことはまったく言わなかった。

 「音楽について、ああしろこうしろはなくて。ただ、『僕は音楽を他人より深く聴くことはできるよ』と。だからいろいろ音楽のことを聞きたくて、阿佐ヶ谷の喫茶店で毎週、みんなで囲んで。自然と音を追求するようにもなっていきました」

 ■一柳慧、オノ・ヨーコ 前衛音楽家と出会い

 一柳慧(作曲家、ピアニスト)ら、前衛音楽家とのつながりもできた。

 「一柳さんは草月ホールでよく演奏していて、バイオリンを持った女性がグランド・ピアノに潜り込んだと思ったら、それがオノ・ヨーコさん。とにかく面白くてすごい人のことをたくさん教えてくれて、それが僕の音楽に反映されていった」

 唐十郎(劇作家)との出会いも。

 「ピットイン(新宿のジャズ・スポット)に、唐さんが夜中に芝居をしに来ていて。相倉さんが『君は、芝居に合わせて勝手にピアノを弾いちゃいなさい』と。それが唐さんの紅テント(67年、新宿・花園神社)の演奏にまで広がった。その翌年に僕は体調を崩し、69年にフリー化するんですが、そのときにはまず“相倉さんに見てもらいたい”気持ちが強かった」

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース