記事詳細

【中本裕己 エンタなう】暴力、エロス…警察版「仁義なき戦い」 映画「孤狼の血」の圧倒的熱量にシビレた! 

 なぜ今さら東映ヤクザ映画…と油断していたら、怒気と臭気の圧倒的な熱量にシビレた。「孤狼の血」(公開中)は、広島の架空都市・呉原を舞台に、警察版『仁義なき戦い』といわれる柚月裕子の同名小説を映画化した。

 時は暴対法成立間際の昭和63年。マル暴担当のやさぐれ刑事・大上(役所広司)の相棒に、県警本部からエリートの日岡(松坂桃李)が配属される。地場の暴力団と新興の広域暴力団の抗争がくすぶっている。大上は、癒着ともとれるほど地場のマル暴に肩入れ。小姑のようにとがめる日岡を大上は、「おい、ヒロ大!(広島大出身のお坊ちゃん刑事の意味) 正義とは何じゃ?」と怒鳴りつけ、「警察じゃけぇ、何をしてもええんじゃ」とうそぶく。

 映画に横溢する暴力シーンや濃厚なエロス描写は、昨今の上っ面だけのコンプライアンスやパワハラ・セクハラ反対の息苦しさを笑い飛ばすかのよう。当たり前のようにワイロを受け取りながら、己の信じる道を突き進む大上の後ろ姿に、日岡はただならぬものを感じ始める。

 コワモテ顔のアップや、ナレーションなど実録映画へのリスペクトもあり、「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督が描くアウトローは骨太だ。真木よう子、江口洋介、中村獅童、ピエール瀧、竹野内豊、石橋蓮司ら脇を固めるキャストも豪華。北野武監督の「アウトレイジ」に対する東映の“返歌”としても秀逸。続編があれば見たい。(中本裕己)

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース