記事詳細

【玉袋筋太郎 玉ちゃんの酔滸伝】始まりがあり、締めがある「ニシタチの夜」 皆様もぜひニシタチへ! (1/2ページ)

 5月26日に宮崎市にある日本最大級の繁華街「ニシタチ(西橘通り)大使」の委嘱を受け、戸敷正宮崎市長をはじめ、ニシタチを支えるさまざまな方たちに祝福され盛大な委嘱式となりました。

 この日の私のスケジュールはこれで終了? そこは日本の人口比率でスナックの数がナンバーワンのニシタチです。ただで済むわけありません。スタッフの厚意を受け、夜のニシタチに繰り出しました。

 ニシタチのスタイルは1軒目は食事か居酒屋、2、3軒目はスナックのはしご、最後に締めて帰るのが習わしです。ニシタチは繁華街でありながらコンパクトでお店が密集しているので、徒歩ですべて回れるのです。

 1軒目は宮崎名物の「地鶏もも焼き」発祥の地として創業64年を誇る名店「丸万本店」さんです。ニシタチが栄えるきっかけともなった名店で、3代目の前田さんは委嘱式で自慢の地鶏もも焼きを振る舞ってくれていました。

 お店の1階では大きな焼き台で地鶏を焼いています。目の前で焼かれる地鶏をみているだけで涎が出てきます。ビールをグイッとやって地鶏に舌鼓。「ニシタチでは他にもおいしいお店がたくさんあり、たとえ巨大資本のチェーン店居酒屋が進出しても撤退する運命に終わる」というスタッフの話は嘘ではないと感じました。

zakzakの最新情報を受け取ろう