記事詳細

【聖林裏表】メーガン妃の結婚に地元LAも大興奮 観光客向けツアーも誕生 (2/2ページ)

 同じハリウッドにある有名ホットドッグ店「ピンクス・ホットドッグ」は同16~19日、特別の「ロイヤルドッグ」を限定販売した。2本のソーセージをパンで挟み、マスタード、チーズ、オニオンなどを載せ、2枚のベーコンとともに特製チリソースをかけたものでボリュームたっぷり。

 地元情報メディア「LAウイークリー」(電子版)は、メーガン妃ゆかりの地元スポットを紹介した。

 誕生後最初に住んだ家から、礼拝に通った教会、アルバイトをしていたフローズンヨーグルト店や文房具店、利用していたセレブ専用のケータリングの店など、地図まで付けて詳細に解説しており、すでに観光客向けツアーも誕生しているという。

 一方、結婚式を欠席した父親のトーマス・マークルさんにも注目が集まった。

 米芸能専門サイトTMZ(電子版)によると、心臓の手術を受けたばかりでカリフォルニア州内で療養しているトーマスさんは、テレビ中継などで結婚式の様子を見たらしく、「娘は美しく、とても幸せそうに見えた。あの場に行けたら良かったんだけど。2人に愛と幸せを」「(式は)感動的で楽しかったよ」と語った。

 まだまだ興奮の余韻が冷めないロサンゼルス。新たな名所の誕生で、王室ファンの観光客も今後増えそうだ。(産経新聞ロサンゼルス支局長・住井亨介)

関連ニュース