記事詳細

【酒井政利 時代のサカイ目】モデル、楽器、作曲…才能は未知数、Koki, 親娘で嵐をおこせるか? (1/2ページ)

 15歳でファッション誌『ELLE Japon』7月号の表紙を飾り、鮮烈なデビューとなったKoki,(コウキ)。木村拓哉と工藤静香の次女ということで、ファン層をざわつかせている。

 雑誌の発売と同時に、“両親のどちらに似ているか”とネットをにぎわせ、インスタグラムが開設されるとわずか数日でフォロワー数が69万を超えた。

 身長170センチ、スタイルの良さは母親譲り。10代からモデルとして活躍していたRIKACOが「足がものすごくきれい。膝から上のももとふくらはぎの太さが一緒」と驚き、人気モデルの藤田ニコルは「今の時代に出てきて、ちょっと世代が離れていて良かった」と同業者目線の心境を吐露した。

 インターナショナルスクールに通い、英語、フランス語が堪能で、スペイン語も勉強中という。幼い頃からピアノとフルートのレッスンに通い、音楽的素養もある。フルートは第23回ヤマハジュニアフルートコンテストで優秀賞を受賞。同コンクールで最優秀賞を受賞したのは彼女の姉だった。

 Koki,の音楽的才能は楽器だけではない。作曲家として、工藤静香や中島美嘉に楽曲を提供している。

 静香のアルバム『凛』の『鋼の森』『かすみ草』『Time after time』を作曲。前の2曲は作詞が愛絵理、3曲目は松井五郎。愛絵理は静香自身。その曲について「私の声の一番いいところ、高さを考えて作ってくれました」と静香。楽曲は昭和ポップスのにおいがする。両親の楽曲を聴いて育ったのだろう。特に静香の世界が顕著だ。

 15歳の作品という点では才能を感じるが、頭抜けた音楽性かというとそこは未知数。今後、どう練れていくかで大きく開花しそうだ。

zakzakの最新情報を受け取ろう