記事詳細

【壇蜜のもっとハァハァしてる?】敏感に反応しちゃう…あの“音色”が恋しい季節 (1/2ページ)

★其ノ弐百四拾六

 夏が近いせいか、この時期に耳に入ると「夏を迎える支度をしてるんだなぁ…」と感じる音があります。それは風鈴…。

 チリンチリンと風の到来を喜ぶように鳴る風鈴の音色が近所から聞こえてくると、ついニヤニヤしてしまいます。決して大きい音ではありませんが、「風鈴の音」という独特の波長を聞きなれているせいか、小さな「チリン」でも敏感に反応してしまうのです。

 6月に入って、近所のお宅数軒から聞こえてくるかわいい音色を確認しています。夏の間は「風鈴がある家」をめぐって散歩ルートとしようかなと本気で考えている次第です。音色を聞きにいくくらいなら、許してもらえるでしょうか。

 風鈴の多くはガラスでできているようですが、中には鉄器や陶器でできた風鈴もあるそうです。一度、鉄器製の風鈴を見たことがありますが、ガラスよりもやや響くような、涼やかな音が聞こえたと記憶しています。

 陶器の風鈴は工房によっては手作りできるという場所もあるそうです。「陶器風鈴作り体験」なんてコースは人気がありそうですね。焼いたり、乾かしたり、塗ったりするので時間はかかりそうですが。

 夏の象徴を夏が始まる前に自分で作って楽しめると解釈すればいいのかもしれません。