記事詳細

一見クールなイケメンだが、お茶目な面も… 俳優・山田裕貴“お調子者ぶり”でブレーク間近

 イケメン俳優、山田裕貴(27)がはっちゃけたキャラで注目されている。舞台あいさつやバラエティー番組でみせた“お調子者ぶり”で、いまやドラマや映画に次々と出演する期待の俳優なのだ。

 9日行われたフジテレビ系の7月期ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」の製作発表会見では両手を大きく広げ“決め顔”で登場。スタッフから「このポーズはドラマとは関係ありません」とつっこまれた山田。

 「イケメンと言ってもらえてありがたい」と発言するも、主演の吉岡里帆(25)が「誰もそんなこと言ってないよ」と反論。「(俳優は)ツラだけじゃないと思うんですよ。『心イケメン俳優』を目指します」と開き直り盛り上げた。

 「2011年に『海賊戦隊ゴーカイジャー』のゴーカイブルーでデビュー。ブルー役はクールなので本人もそうかと思いきや、その後、日本テレビ系『PON!』などでサービス精神旺盛な一面を見せて驚かせました」と芸能関係者。

 17年のNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」や今年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した「万引き家族」にも出演するなど「現場が欲しがる存在です」と先の関係者。ブレーク間近だ。

関連ニュース