記事詳細

【外国人が見るニッポン】実は整形大国?! イランの美容事情 (1/3ページ)

 皆さんこんにちわ! イラン人コスプレイヤーの痛子です。

 前回のコラムは、沢山の方に読んで頂けて嬉しかったです。

 今回は個人の話は置いといて、皆さんの知らない母国のお話をしたいと思います

(1)イランのファッション事情

 ご存知かとおもいますがイランはイスラム教の国です。なので女性は9歳になると外出時はチャドルと言って体全身を隠す黒い布を着なくてはいけません。

 少し緩くなって、今では前髪と顔周辺の髪の毛は出せるようになっても、それ以外は手と顔以外は絶対に見せてはいけない決まりです。イランに住んでいた当時は、凄く暑いし巻くのも面倒だし嫌だったのですが、今では漫画やゲームの闇の組織みたいでカッコいいと思ったりしています(笑)。

 ですがそれは私が今、日本に住んでるから思える事で、イランの女性だってお洒落したいし、毎日、同じ格好は飽きるので嫌だと思います。服を選ばなくていいのは楽なんだけどね。

 やっぱりみんな頭まで同じ服だし、待ち合わせとか出会えるまで大変なんですよ(笑)

 私がイランに住んでた幼女時代はみんな真っ黒だったので、お母さんと間違えて違う人の手を繋いだりしてましたね。ですが今では女性の考えも変わってきて、法律を守りつつもお洒落を楽しむ人が増えてきました。

 例えばこちら(笑)(掲載画像)。

 私のは少し露骨ですが、イランではセンスのいい女性が、肌を多く見せずに長いカラフルな柄やアニマル柄などのスカーフを巻いてファッションを楽しんでいます。

 巻き方もルールさえ守れば大丈夫なので、カッコいい巻き方をして肌さえ見えなきゃいいので服装もお洒落になりつつあります。中にはその変化をよく思わない方もいますが、ルールを守りつつもお洒落を楽しめるのは素晴らしいですね。

関連ニュース