記事詳細

【編集局から】まさかの“怪人”バトンタッチ…“秋風ロス”になっている場合じゃない「半分、青い。」

 先週の小欄でNHK連続テレビ小説「半分、青い。」について触れました。今週も引き続き、お付き合いください。

 先週は“怪人”然とした秋風羽織(豊川悦司)の出演が最後を迎えたことで“秋風ロス”になりそうだと書きましたが、どうもこのドラマはそんなことをさせてくれないらしい。

 “怪人”然としたキャラが去ったら、今度は本当に“怪人”が出てきたではありませんか。それがヒロイン、楡野鈴愛(永野芽郁)が新たに働き始めた100円ショップ「大納言」店長の田辺を演じる嶋田久作です。

 言わずとしれた「帝都物語」の“魔神”加藤保憲です。怪人と言わずして、何と言えばいいのでしょう。登場してほぼ1週間ですが、劇中でもかなりの怪人っぷりをみせています。

 まさかの怪人バトンタッチとは。よくもまあ、こんなキャスティングをしたものだと感心してしまいました。

 ドラマは後半戦に突入し、ヒロインも結婚へ進んでいくようです。この後も、さらに怪人が出てくるのでしょうか。ロスになっている場合じゃないようです。(F)