記事詳細

【高須基仁 人たらしの極意】横浜銀蝿の還暦ライブを見逃すな! リーダー・嵐、2度の脳出血にもめげず今も現役 (1/2ページ)

 酷暑の中、おっさんパワー全開のロックンロールバンドがリハに精を出している。「THE CRAZY RIDER 横浜銀蝿 ROLLING SPECIAL」が9月23日、横浜市の戸塚公会堂で「戸塚集会」を開くのだ!

 メンバーの闘病やスキャンダルを乗り越えてバンド復活20周年、そしてボーカリスト、翔の還暦を記念してぶっちぎりで60曲を披露する。

 「真夏に革ジャンはキツイって? 大丈夫。体力には自信があるんだ」

 そう言ってのけたのは、翔の兄でリーダーのドラムス、嵐(ラン)。2度にわたる脳出血にもめげず、リハビリの末、63歳になる今も現役活動を続行中だ。嵐は言う。

 「西城秀樹さんが最初に倒れた時、当人からリハビリについて相談があったんだ。それだけに、あそこまで回復していて亡くなったのは、ショックだったよ…」

 一時はロレツが回らず、スティックを持つ手もおぼつかなかった嵐も、秀樹のリハビリを励みに共にがんばってきた。今は「心臓にも少々不安がある」と言うが、「弟の還暦ライブの舞台には、何とか立ちたいんだ」と不撓不屈。

関連ニュース