記事詳細

【みうらじゅん いやら収集】思い出そうとせず出た名前は…サンドラ・ジュリアン (1/2ページ)

 思い出せないことが多くなった。

 先日も同じ世代の友人と居酒屋で「ほら、アイツ、誰だっけ?」「それだけじゃ分からんよ」「ほら、マトリックスに出てたやつ」「あー、あいつね」「ここまで出かかってんのにぃー」「顔は浮かんでんだけどな」

 すぐに何でもケータイで調べると逆に老化が進むそうで、その思い出す努力が大切だと聞いた。そんなもんで、ずーと“キアヌ・リーブス”の名、浮かばないままストレスをしこたま溜めた。

 「それは結局、覚える気がなかったってことかね」、ようやくキアヌが出て「アヌのとこ、アヌスならすぐ出るんだけどな」と、2人で笑った。「どうやら今は“アナル”って言う方が主流みたいだけど、俺たちの時代は断然、アヌスだったよな」と、話は逸れる、逸れる。最近のことが全く覚えられないのは、そもそも覚える気がないから説に戻って、「でもさ、高校生の頃、嫌でしょうがなかった演歌の歌詞、今でもスラッスラ出てくんのはどうしてよ?」「だよね、興味ある、なし、関係なく若い頃は無闇矢鱈に摂取するよな」「でも、今は脳のICチップ、容量パンパンでしょ」「新しい単語、1個入れるごとに昔の記憶2、3個抜け落ちるカンジだから」「何が一番、大切で、何を人生最後まで残していくか? それが今後の課題になってくるだろうね」

関連ニュース