記事詳細

【板垣眞理子 LA発 芸能Watch】キャスリーン・ターナー、美人女優を痛烈批判!?「同じような役ばかり…私だったら銃で自殺するわ」 (1/2ページ)

 「白いドレスの女」(1981年)に主演したキャスリーン・ターナーは、本当にセクシーだった。当時27歳。細身のボディーに魅惑のハスキーボイスで、ウィリアム・ハート演じる弁護士を誘惑したゴージャスな美女は、この映画デビュー作で一躍セックスシンボルに祭りあげられた。

 あれから37年。さまざまな話題作を残し、今年64歳になったターナー。通常、女優は美貌と体形維持に務めるものだが、彼女の場合、美女の面影は薄い。一体何が彼女に起こったのか。

 今月、波乱の半生から俳優仲間へのあけすけな悪口まで、「Vulture」誌に赤裸々に語り、ハリウッドの恥部を暴露したインタビュー記事に激震が走った。

 80年代にハリウッドで最もセクシーな女優ともてはやされたターナー。「ロマンシング・ストーン 秘宝の谷」で共演したマイケル・ダグラスから、彼とジャック・ニコルソン、ウォーレン・ベイティという当時のトップ男優3人が、誰が一番早く彼女を落とせるかの競争をしていたと、後日聞かされたという。

 「私は性的対象物だった。女が男の所有物という暗黙の了解があった時代よ」と憤る。結局誰とも関係せず、ニコルソンを怒らせたという。

 彼女を演技へと駆り立てたのは「Rage(怒り)」だそう。男なら「決断力がある」と褒められる資質が、女の場合はそしられるだけと女性差別体質の業界をチクリ。

関連ニュース