記事詳細

【永瀬白虎 アイドルSEXY列伝】剛力彩芽のキャラが崩壊… ファンを卒業します、さようなら (1/2ページ)

 振り返ってみれば、取材記者になる以前から、数多くの女性タレントのファンになり、ファンを卒業してきました。

 顔立ちやスタイルだけでなく、ちょっとした発言を雑誌やテレビで見ては「イイなぁ」と思う。

 さらに、魅力的な役柄を演じているだけでも「イイなぁ」とファンになってきた。熱しやすく冷めやすい素人でした。

 取材記者になった当初は、当然のことながらもう全員が魅力的で。

 女優、モデル、タレント、AV女優、取材で会うたびにファンになり、トコロテン方式で卒業を繰り返してきました。

 しかし、素人時代にファンだった女優T、グラドルKを実際に取材したとき、勝手に自分が抱いていたキャラとあまりに違っていた。マネジャー、スタッフへの横柄な態度。暴言を吐き、常にいらだっている姿に失望&ドン引き。

 新人時代は超性格美人だったタレントSが、売れっコになった途端の性格変貌にも驚かされました。

 芸能界は人を変えてしまうと感じてからは、実際に何度か取材で会い、「本当にイイ!」と確信したらファンになる、というスタイルです。

 その存在は、自分のなかで“永遠のイチ推し女優”と位置付け、なにがあっても応援する。熱愛発覚、結婚で一応“元”がつく決まりですが、応援は続けていたのです。

関連ニュース