記事詳細

【大人のTV】昭和の名人芸をじっくり味わう BS朝日「お笑い演芸館+」4時間スペシャル (1/2ページ)

★「お笑い演芸館+」4時間スペシャル(BS朝日、9月6日午後7時) 

 なかなかテレビでネタをじっくり見る機会も少なくなったが、この番組では地上波ではできないような“長尺ネタ”をしっかり、そしてたっぷり見せてくれる。お笑いファンにとってはたまらない番組だろう。舞台は浅草東洋館。自宅にいながら寄席に行った気分になれるのもうれしいところだ。

 今回は若手実力派のネタに加えて、昭和を代表する横山やすし・きよし、獅子てんや・瀬戸わんや、夢路いとし・喜味こいしといった名人たちの蔵出し漫才も放送。

 さらに「歌謡漫談傑作選」と銘打って、テツandトモ、玉川カルテット、東京ボーイズのテッパン音楽ネタに加え、歌謡漫談の先駆者である灘康次とモダンカンカン、ちゃっきり娘、宮川左近ショーの貴重なお宝映像まで楽しめる。

 こうした昭和の名人芸は、今の時代にみるとじゃっかんテンポが遅く感じるかもしれない。しかし、さすが名人芸。見ているうちに、引き込まれること間違いなしだ。斬新にみえる今の音楽ネタも、彼らあってのものだということも実感できるはず。

 そして、コラボ企画では、エド山口とモト冬樹が兄弟歌謡漫談を披露する。2人でネタをするのはテレビでも舞台でも初めてのことというから、これは貴重だ。2人の外見の微妙なシンクロ具合も面白さを倍増させることだろう。

関連ニュース