記事詳細

【中本裕己 エンタなう】ご近所トラブルが民族紛争に発展! 映画「判決、ふたつの希望」

 ニュースで中東紛争の解説を何度見てもスッと頭に入ってこない。しかし、レバノンを舞台にした映画「判決、ふたつの希望」(公開中)は、どこにでもあるご近所の口論が法廷劇へと発展し、宗教対立などの国を揺るがす騒乱になるまでが、とても分かりやすく、目が離せない。

 首都ベイルートの住宅街でアパートの補修作業を行っているパレスチナ難民の現場監督ヤーセルが、バルコニーからの水漏れを勝手に修繕した。その部屋に住むレバノン人男性トニーは、憤慨して取り付けられた配水管を破壊。それを見たヤーセルは「クズ野郎!」と吐き捨てた。

 自動車修理工のトニーは、キリスト教系政党の熱心な支持者で、ヤーセルの悪態に猛抗議する。上司に促されたヤーセルは渋々、謝罪に訪れるが、今度はトニーから民族を侮辱する暴言を投げつけられ、逆ギレしてトニーの腹部に強烈なパンチを見舞ってしまう。

 肋骨2本を折る大けがのトニーは、ヤーセルを訴える。初公判はケンカ両成敗で棄却されるが、思わぬアクシデントが勃発して、家族、友人を巻き込みながら控訴審が始まる。ヤーセルには人権派の女性弁護士が付き、ただのケンカではなく、パレスチナ人への「ヘイトクライムだ」と主張。一方、トニーの暴言の背景にある歴史的惨劇が法廷で炙り出され、国を二分する騒動が二転三転する。

 裁判渦中で、ヤーセルの車がエンストし、トニーが無言で修理する場面に一筋の希望を見た。アカデミー賞外国映画賞ノミネートの秀作だ。(中本裕己)

関連ニュース