記事詳細

中居に続き木村も「なーあーにー」 日テレ青木アナのグッジョブにSMAPファン歓喜

 4日放送の「PON!」(日本テレビ系)で、木村拓哉(45)にSMAPの曲を歌わせた青木源太アナウンサー(35)の取材姿勢がSNSで大きな話題になっている。

 この日、木村は嵐・二宮和也(35)とともに同番組に出演。インタビューの冒頭で青木アナが「きーむーらーくーんーっ♪」と呼び掛けると、木村は戸惑いながらも「なーあーにー」と答え、青木アナを「やったー!ありがとうございます!」と大喜びさせた。

 青木アナが振ったのは、SMAPの名曲「CRAZY FIVE」(2012年)の一節。この曲は、ライブ会場などで客席からのコールに応え、メンバーがそれぞれの個性やアドリブでレスポンスし、ソロダンスで魅せる「Five True Love」(1999年)、「FIVE RISPECT」(02年)に続く“メンバー紹介ラップ”シリーズの1つだ。

 大のジャニーズファンとして知られる青木アナ。ちなみに17年4月4日放送の同番組でも、同じように中居正広(46)に「なーかーいーくーんーっ♪」と振り、しぶしぶながらも中居から「な~ぁ~に…」という返事を引き出している。

 青木アナの“グッジョブ”にSMAPファンが即反応。SNSには「以前は中居君の『な~に~』が聞けて 今日は木村君の『な~に~』が聞けた 青木アナnice」「ヤバイ…しっかりクレイジーファイブのメロディーじゃん…ちょっとちょっとちょっとぉぉぉ」「(な~あ~にぃ~!)やってくれた…一瞬タイムスリップした…」など、歓喜のコメントがあふれた。(zakzak編集部)

関連ニュース