記事詳細

SKE珠理奈、新曲センターで堂々パフォーマンス! ファン「年甲斐もなく泣けた」 (1/2ページ)

SKE48・松井珠理奈(21)が7日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に出演。選抜メンバー16人のセンターとして新曲「センチメンタルトレイン」をテレビ初披露し、エンディングで「すてきな場所で復活させていただいてありがとうございました」と復調をアピールした。

 オープニングで司会のタモリ(73)と会話を交わし、「今までのMステで一番緊張しています!」と述べた珠理奈。パフォーマンス前、タモリから「珠理奈、大丈夫なの?」と聞かれると、「ファンの方やメンバーのみんなに本当に助けられました」と答え、満面の笑顔を見せた。

 タモリから「心配だった?」と聞かれると、総監督の横山由依(25)は「今日、久しぶりに会ったんですけど、会ったときに楽屋でギュって(抱きしめた)」と明かし、「元気でよかった」と安堵の表情を浮かべた。珠理奈も「総監督、安心する!」と顔をほころばせた。休養中のことを聞かれ、「SKE48の『いきなりパンチライン』を楽しく踊りながら、それが励みになりました」と話した珠理奈。ステージではブランクを感じさせない完璧なパフォーマンスを披露した。

 珠理奈の復帰にファンも歓喜。SNSでは「松井珠理奈ちゃん、元気で帰ってきて良かった。おかえり~」「年甲斐もなく泣けた 珠理奈ちゃんお帰りなさい」「珠理奈、本当に尊すぎる 初めてのセンチメンタルトレインは視界が曇ってて良く見えなかった部分もあったけど最高でした この曲もかけがえのないものになるのだと思います」といった喜びのコメントが多数見受けられたほか、トークで珠理奈と横並びになっていたSKE48・須田亜香里(26)との“ワンツーコンビ”に対する「珠理奈の隣がだーすーなのがね この並びだけで泣けちゃう」というツイートもあった。

関連ニュース