記事詳細

中居正広、声を酷使するプロが頼る「駆け込み寺」に極秘通院 (1/3ページ)

 9月のある平日、午後3時すぎ。都心のテレビ局から徒歩5分ほどの場所にある雑居ビルに入って行く中居正広(46才)の姿があった。

 中居がビルを後にしたのは約30分後。帽子をかぶり、周囲の様子をうかがいながら、近くにある薬局に立ち寄る。収録の合間だったのか、薬の袋を手にすると、急ぎ足で近くにあるスタジオに入って行った。

 約1年間続いた『なかい君の学スイッチ』(TBS系)が9月いっぱいをもって終了。翌10月からは新番組『中居くん決めて!』(仮)がスタートする。中居が新番組の司会を担当するのはデビュー以来10本を超える。一方で、SMAP解散以来、仕事を抑えているともいわれてきた。

 「ここ最近、中居さんは飲み歩くことが極端に減ったそうです。今は目の前の仕事に集中しているように見えます。ジャニーズ事務所ではタッキー(滝沢秀明)の引退という大ニュースがありましたが、われ関せずという感じでした」(テレビ局関係者)

 淡々と仕事をこなしているという中居だが、健康面が心配されている。

 「今年に入ってから点滴を受けるために何度も病院へ行っています。体調不良や入院で収録が延期になったことも何度かありました。それに加え、最近は“うまく声が出ない”と、喉を気にしているようなんです」(前出・テレビ局関係者)

 中居は人知れず通院していた。冒頭のシーンは、多忙なスケジュールの合間を縫って、ある病院を訪れたときの様子だった。

NEWSポストセブン

関連ニュース