記事詳細

石田ゆり子が“先輩”阿川佐和子に結婚相談 「一生のうち、一度は誰かの奥さんになりたい」

 女優の石田ゆり子(48)が22日放送の「サワコの朝」(MBS系)に出演。番組MCでエッセストイの阿川佐和子(64)に対し、自身の結婚願望について明かした。

 昨年5月に結婚した阿川に石田は「結婚っていいものですか?」と質問。さらに「私は結婚した方がいいんでしょうか?」と畳みかけた。

「私も40代がもうすぐ、あと1年くらいで終わるんですけど」と切り出した石田。現在は猫4匹と犬1匹を育てながら生活しているとし、「彼らを育てるのに必死で、自分の仕事も大変ですし、結婚なんて考えられないというか、あまり選択肢の中になかったんですよ。本当に好きな人だったらもちろん結婚したんですけど、だんだん分からなくなってきて。まぁここまで独身だったらもういいかと腹をくくりだしたところでもあったんです」と素直な気持ちを打ち明けた。

 話は一旦ストップし、別の話題に切り替わったが、石田は再び結婚について言及。阿川が「結婚については人に何か言える立場にないんですけど、まぁしましたけど…(結婚)したいんですか?」と聞くと、石田は「一生のうち、一度は誰かの奥さんになりたいとは思ってます」と笑顔を浮かべた。そして「一度も誰かの妻にもならず、終わるというのはちょっと寂しいなっていう意識は正直あります。『じゃあ結婚しろよ!』って見ている人は思っていると思いますけど…」と話した。阿川が「一緒に生活するってことはそれなりに楽しいとか、安らぐっていう気持ちがあることが大事」と指摘すると、石田は「本当に生意気ですけど」と前置きしたうえで「(結婚相手は)変な人だったら嫌です」と笑った。

 ちなみに石田が考える理想の結婚生活とは「同じ部屋にずっと2人でいても、別のことをしてても全然気にならない。黙ってても寂しくない。話をしたらしたでずっと話していられる」。また石田は人生で一番大事なものは「ユーモア」とし、「笑えるというのは本当に大事なことだと。笑って終わらせたい何事も」と強調した。(zakzak編集部)

関連ニュース