記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「残」》アムロスでも笑顔で! (1/2ページ)

 歌手の安室奈美恵さんが引退した。記者は安室さんより年下だが、彼女の活躍をリアルタイムで見てきた世代。特別ファンというわけではなかったけれど、いざ引退となると一つの時代の終わりを感じ、自分でも意外なほど「アムロス」に陥っているのに気づく。

 引退発表後の1年間、歌番組から報道番組まで本当に多くの番組で安室さんが特集された。改めて彼女のヒット曲を聴き直してみると、当時の思い出がよみがえってきてノスタルジーを感じることしきり。全然老けない安室さんの見た目とは裏腹に、すっかり老けた気分になってしまった。

 真夏にエアコンのない自室の窓を閉め切り、大音量で再生した「You’re my sunshine」に聞き入ったこと。アルバイト先のコンビニでよく「NEVER END」が流れていたこと。就職後、同世代の記者仲間とカラオケで「SWEET 19 BLUES」を大合唱したこと…。

 世代的にどうしても小室哲哉氏プロデュースの曲ばかり挙げてしまうが、特集で取り上げられていたそれ以降のシングルも聞き覚えがあるものばかりだった。安室さんの曲を意識的にチェックしていたわけではない私でさえ、だ。それだけコンスタントにヒット曲を出し続けてきた安室さんは、やはりすごい。