記事詳細

剛力彩芽&ZOZO前澤氏、“ラブラブ”アピールも一部では破局説!? (1/2ページ)

 女優、剛力彩芽(26)とファッション通販サイトZOZOTOWNを運営する実業家、前澤友作氏(42)の何かと物議を醸すカップル。パリ旅行中のツーショットが4日発売の「女性セブン」に掲載されるなど円満ぶりをアピールしているが、何だかきな臭いのはなぜだ。

 前澤氏は2日、インスタグラムに、自身が約123億円で購入したバスキアの作品の前で笑顔を見せる剛力の写真を公開した。そして4日の女性セブンでは、色違いでおそろいのサングラスをかけ、奇抜なファッションに身を包んだ2人のツーショットが掲載された。

 「まさに円満ぶりをアピールする写真が相次いで出てきました。2人は9月に米カリフォルニアで行われた月旅行の会見に出た後、パリに向かったそうです。女性セブンのツーショットはそこで撮られたものです」とスポーツ紙記者。

 「女性セブン」によると、パリ旅行は1泊500万円というとんでもない大名旅行。それにしても、円満ぶりのアピールがすぎるが、「一部で破局説が流れたことが大きかったようです」と先のスポーツ記者が続ける。

 どういうことか。

 「前澤氏が『文藝春秋10月号』でインタビューを受けているのですが、そこで剛力との結婚の可能性について、『ないです』ときっぱり言い切っているのです。さらには“婚外子”にあたる3人の子供との関係性を強調するなど、剛力には穏やかではない内容でした。これでは事実婚しかできないということ。剛力は家族への愛情が強いタイプなので、一部で破局説が流れたのです」とこのスポーツ紙記者。

 さらにはこんな話も。

関連ニュース