記事詳細

【志らべのWOWOW指南書】説明できない良さがある吉田羊 「連続ドラマW コールドケース2~真実の扉~」

★『連続ドラマW コールドケース2~真実の扉~』<10月13日(土)午後10時WOWOWプライム>

 デスク いやいやー。コールドケースだよ、コールドケース。

 志らべ “冷たい場合”ですか?

 デスク 直訳するんじゃないよ。ドラマのタイトル!

 志らべ なんか聞いたことありますねえ。どこか遠く海を越えた国ではやっているらしいテレビドラマですよね?

 デスク 張本勲みたいな言い方するんじゃないよ。アメリカで7シーズンも続いたドラマだよ。

 志らべ 7シーズンも!

 デスク WOWOWではこの「コールドケース」の日本版をオリジナルドラマとして放送してるんだ。13日からはそのシーズン2「連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~」が始まるんだよ。

 志らべ ほほう、落語の中興の祖・三遊亭圓朝もグリム童話などを日本の物語にして古典落語「死神」を創作したくらいですから、こういうの大事ですねえ。で、どんな話なんです?

 デスク 未解決事件を追う刑事たちの活躍を描いたドラマだ。第1話のタイトルは“学生運動”だ。とある大学の敷地から、白骨遺体が出てくるんだ。遺留品から、この被害者の橋本は1971年に起きた、学生と機動隊が激しく衝突した横須賀暴動に参加した後、行方不明になっていたと判明するんだ…。

 志らべ 古い話ですねえ。主演は誰なんです?

 デスク 吉田羊だよ。

 志らべ いいー!

 デスク 大声出すなよ。

 志らべ 吉田羊は、なんというのかなあ、説明できない良さがあるんですよ。

 デスク 後は永山絢斗、滝藤賢一、光石研、三浦友和といういいメンバーが出演だ。

 志らべ いや、私はとにかく吉田羊が出るなら見ます! あ~、捜査されてえ~。

 デスク 何言ってんだか…。(立川志らべ)

関連ニュース