記事詳細

小泉今日子&豊原功補、同棲開始に「彼女らしくない」の声も (1/3ページ)

 季節外れの真夏日となった10月7日のお昼12時過ぎ。東京・渋谷の目抜き通りから一本入った裏道に白い高級外車が停車した。助手席に乗っていた男性を降ろすと、再び発進…と思ったら、150m先の劇場に駐車。運転席から現れたのは、大きなサングラスをかけた小泉今日子(52才)だった。「時間差」をわざわざ演出するためか、助手席から降りた男性は、片手をポケットにつっこみながらゆっくりとした足取りで劇場へ入っていく。同じくサングラスをかけた豊原功補(53才)だった。

 「離婚したわけでもなく、不倫関係のまま堂々としているなんておかしいという大バッシングを少しは気にしたのか、さすがに一緒に“通勤”するのはマズいと思ったのか…」(ふたりの知人)

 小泉プロデュース、豊原演出の舞台『またここか』(9月28日~10月8日)はチケット即完売の話題作だったが、初日から波乱含みだった。

 9月27日、舞台を特集したネットメディアの記事に、稽古場で話し込むふたりの写真が紹介された。翌28日には、朝日新聞のインタビューに揃って登場し、交際について豊原は《それが本質なのかなという思いはあるが、これからのわれわれの活動を見てもらうしかない》と堂々と語った。

 さらに29日の終演後、ロビーで“まるで夫婦のように”並んで観客の見送りをしていた写真が報じられると、インターネット上にはふたりを非難するコメントも見られた。

 「それでも、その後もふたりは舞台の見送りを続けていました。正直、本人たちはどこ吹く風。もはや誰も何も言えないんです」(舞台関係者)

NEWSポストセブン

関連ニュース