記事詳細

SKE48劇場デビュー10周年! 高柳明音×斉藤真木子×大場美奈SP鼎談 復帰した珠理奈と交わした言葉、あふれる“かおたん”への思い (1/2ページ)

 SKE48のドキュメンタリー映画「アイドル」の公開に先駆け、メンバーの高柳明音(26)、斉藤真木子(24)、大場美奈(26)の3人を直撃したインタビュー。後編となる今回は休養を経て復活を果たしたエース松井珠理奈(21)と、先日卒業を発表した“かおたん”こと、松村香織(28)について話を聞いた。3人が珠理奈と交わした言葉、そしてあふれるかおたんへの思いとは?(zakzak編集部)

<長い休養を経て松井珠理奈さんが復帰されました。まだ体調は万全ではないようですが、みなさんは珠理奈さんとまずどんな会話を交わしましたか?>

斉藤「私は劇場公演で復帰挨拶をする前に会いました。リクアワのリハーサルで『Glory Days』って曲を練習してたら、いきなり珠理奈さんが歌いながら入ってきて、『本人きたーー!』みたいになって(笑)」

<ものまね番組さながらに(笑)>

斉藤「本当にそれくらい衝撃だったし、うれしかったです。顔色もすごくよくなってたけど、久しぶりにファンの前に立つ不安が大きかったみたいで、『みんなに緊張をほぐしてもらおうと思って来たんだ』って言ってました。私もハグしたり、『いってらっしゃーい!』って送り出したりしましたね」

高柳「私はあいさつに出る前に少し話せたんですけど、『やっぱりSKE48が落ち着く』って言ってました。『休養してる間にいろんなこと考えたけど、SKE48を諦められなかった。やっぱりSKE48が好きだし、ここで頑張りたい』って。聞いてて泣きそうになりました」

大場「私はミュージックステーション(9月7日)のときに話をして。その日はずっと緊張してらして、リハーサルのときもスタンバイ中もずっと私たちSKE48メンバーのそばから離れないんです。『こんなに緊張したら踊れないかも。どうしよう』って言ったりして。あんな珠理奈さんは初めてでした」

斉藤「約3カ月まったく人前に出てなかったんだもん。全国ネットに出るのとか、そうとう怖いよね」

大場「なので私も心配していたんですが、途中から対応を変えて、普段通りにすることにしたんです。『そうですよ、珠理奈さん。テレビ、めっちゃたくさんの人が見てますよ!だから一緒に楽しみましょうよ!』とか(笑)。そしたらだんだん笑顔を見せてくれるようになって『そうだよね、楽しまないとね』って。ただ、本番はやっぱり緊張してたみたいで、終わった後は身体中から力が抜けたみたいになっていました」

高柳「昔だったら弱いところ絶対に見せない人だったよね。今はそういう姿を見せてくれるようになって、逆にホッとするというか」

大場「わかります!頼りにしてくれてるのかなって思いますよね!」

高柳「でも、いざステージに立つとスイッチが入って『さっきまでの震えはどこ行った?』みたいにビシッと決めてくれる(笑)。そこはプロだなって、昔から見てて思います。ステージに立ったら本当に変わるんで」

関連ニュース