記事詳細

【トレンドウオッチャー木村和久の世間亭事情】秋の民放ドラマ、織田裕二「SUITS/スーツ」を迎え撃つ“刺客”たち (1/2ページ)

 秋の民放ドラマも出揃ったので、気になる作品をピックアップします。最注目はフジ系の月9枠の、「SUITS/スーツ」でしょう。何しろ織田裕二と鈴木保奈美の東京ラブストーリー「カンチ&リカ」コンビが、27年ぶりの競演ですから。

 今回は恋愛ものじゃなくて、法律事務所の上司と部下の関係。織田はエリート弁護士で、高級スーツがよく似合う社会の成功者。保奈美は相変わらず綺麗だし。

 恋愛モノでもイケると思いますが、たぶん、保奈美の旦那の石橋貴明がやきもきするから? パスだろうなあ。

 面白いのは、甲斐正午(織田)が弁護士資格のない若者、鈴木大貴(中島裕翔)を頭脳明晰だからと雇い、弁護士バッジをつけさせ、一緒に仕事をすること。

 ニセ弁護士は、問題と思いますが、実はこれはアメリカNBCの人気ドラマのライセンス。だから世界観や設定は、「アメリカはんに、聞いておくれやす」とスルーできる。うまいなあ。

 同時に米倉涼子の主演の「リーガルV」(テレ朝系、木曜夜9時)では、米倉演じる小鳥遊翔子(たかなし・しょうこ)が元弁護士という設定。癖のあるスタッフを束ねて活躍します。つまりフジとテレ朝が、ニセ弁護士と元弁護士で、事件や案件を解決する、現象が起きているのです。

 無免許で大活躍するドラマの原点を知っていますか? 手塚治虫原作の「ブラックジャック」です。最近も医学部の不正入試が社会問題になりました。みんな資格が欲しいんですね。でも実力があれば、資格はいらないと、言いたいのでしょうか。

関連ニュース