記事詳細

独立して1年…元SMAP、大物バックに堂々“存在感” 香取→3年ぶり三谷作品 草なぎ→国際的演出家迎え 稲垣→阪本作品で新境地 (1/2ページ)

 元SMAPの香取慎吾(41)、稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(44)が独立して1年がすぎた。当初はその活動が危ぶまれもしたが、どうしてどうして。それぞれの得意分野で堂々の活躍をみせている。そこには彼らを支える大物たちの存在があるのだ。

 もともと役者として存在感を示していた稲垣は、東京国際映画祭のコンペ部門に出品されていた主演映画「半世界」(来年2月公開)が観客賞を受賞。監督は「どついたるねん」や「北のカナリアたち」などを手がけた巨匠、阪本順治(60)だ。

 阪本監督は過去に仕事をともにした香取から稲垣を紹介され、今作で起用したという。言ってみれば、香取ら『新しい地図』の一派にとって心強い味方というわけだ。

 「阪本監督ぐらいになると、何かと取り沙汰される“忖度”は及ばないということ。稲垣は炭焼き職人を演じていますが、頭にタオルをまいて、無精ひげと見た目がオヤジそのもの。おしゃれなイメージとはほど遠く、お笑い芸人のマツモトクラブのようですが、新境地となるでしょう」と映画関係者。

 香取も大物とタッグを組むことになった。12月4日に東京・世田谷パブリックシアターで幕を開ける舞台「日本の歴史」に出演するのだが、作・演出を担当するのは三谷幸喜(57)だ。

関連ニュース