記事詳細

【高嶋ひでたけのラジオ“秘”交友録】「日本柔道が死んだ日」に金メダルを獲得した猪熊功さん (1/2ページ)

 先日、横須賀市の「どぶ板通り」を歩きました。私も横須賀の出身ですが、どぶ板通りを歩いたのは本当に久しぶりでした。そこですっかり忘れていたあるものに出くわしたのです。

 それはどぶ板通りの道路各所に埋め込まれている横須賀にゆかりのある有名人の「手形」です。

 猪熊功! 世代によってはもう記憶の彼方かもしれませんね。1964年の東京オリンピックでの柔道重量級金メダリスト、猪熊さんの手形を発見しました。

 東京オリンピックで無差別級の神永昭夫さんがオランダのヘーシンクに敗れた日は「日本柔道が死んだ日」あるいは「柔道がジュードーになった日」など、まさに日本の柔道が国際的な大きな波に飲み込まれた日でした。しかしその日、猪熊さんが柔道日本の気をはいて、「金メダル」を獲得したのです。

 さあ、ここでクイズです。全国の高校で、総理大臣、ノーベル賞、オリンピックの金メダルを獲得したOBのいる高校はどこでしょう?

 即答された方はいるでしょうか。それは猪熊さんの母校、ついでに私の母校でもありますが、神奈川県立横須賀高校なのです。総理は小泉純一郎さん、ノーベル賞はニュートリノの小柴昌俊さんです。

関連ニュース