記事詳細

NHK紅白総合司会に「ウッチャン再起用」のワケ… 局内では不祥事、目玉は期待できず“軟着陸”? (1/2ページ)

 今年の大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」の総合司会に2年連続で選ばれたウッチャンナンチャンの内村光良(54)。欅坂46とのコラボやコントキャラで番組を盛り上げた昨年の活躍ぶりが評価された形だが、いささか軟着陸という印象も否めない。

 今年も桑子真帆アナ(31)とのコンビとなる。白組司会は嵐の櫻井翔(36)、紅組司会は女優、広瀬すず(20)。

 「内村は当初、オファーに対して、多忙などを理由に難色を示していたそうです。正直、昨年はかなり大変だったそうですから。台本にも、内村のパートはかなりおまかせの部分がありましたし、衣装チェンジや欅坂とのコラボなど八面六臂の活躍でしたからね」と放送関係者。

 昨年は、第2部の平均視聴率が39・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と1989年以降、歴代ワースト3位となったが、内村への評価は逆に上がる結果となった。「コラボした欅坂のメンバーが過呼吸状態になっているのをみて、フォローする姿などがネット上で好感を呼びました」と芸能サイト編集者。

関連ニュース