記事詳細

【フリーアナウンサー近藤淳子のまもなく本番です】芸のためなら…「セーラー服を脱がさないで」熱唱!? (2/2ページ)

 番組制作はもちろん、芸の方も気が気ではありませんでした。南京玉すだれや手品など色々考えたのですが、結局、おニャン子クラブの「セーラー服を脱がさないで」を、金沢の有名女子高の本物のセーラー服を着て、精一杯、おニャン子になりきって歌って踊りました。勤務後、ほぼ毎日、会社の同期に付き合ってもらって、振りカラオケで練習して(笑)。

 あまりにも余裕のない必死さが受けたのが、会場から「じゅんこ~!」の声援が聞こえてきて、気がつけば100点満点で全国優勝していました。ただ、翌日の肝心の番組制作コンテストは、入賞さえもしませんでした。

 余興ではあるけれど全国一位になれるなんて、まさかです! ただ当時は、本選では入賞できないのに余興では一番だということが、いかにもアナウンサーとしての実力がないようで、恥ずかしくてアナウンス部長にも直接は報告ができませんでした。

 今になって思うと、若いパワーでなりふり構わず一生懸命に立ち向かう、あの頃の感覚を忘れたくありません。新人時代に貴重な経験をさせていただけた『歌のない歌謡曲』、これからも、全国のリスナーにますます愛され、末永く長く続いていきますように!

関連ニュース