記事詳細

【聖林裏表】確執まだまだ続く!? 大規模“山火事”めぐりセレブらがトランプ氏批判 (2/2ページ)

 トランプ氏は「大規模で犠牲の大きいカリフォルニアの森林火災の原因は、森林管理の不備にほかならない」「改善しないと連邦予算は付けないぞ」などとツイート。

 これに対して消火活動に当たっているカリフォルニア州の消防士の組合が「州の森林のうち6割以上が連邦政府の管轄。他の3分の1は個人に管理されている」と反論し、環境問題に熱心なことで知られる俳優のレオナルド・ディカプリオ(44)は「森林火災がひどい理由は気候変動と歴史的な干魃だ」と諭したのだ。

 歌手のロッド・スチュワート(73)は「大統領、人々の家が焼け、命が奪われる中、消防士は命を懸けている。カリフォルニアが必要としているのは支援と励まし。脅しと責任追及ではない」とツイッターに書き込み、ガガに至っては「前から分かっていたけど、あなたって自分のこと以外に関心がないのね。大統領、少しはカリフォルニアの人々に心を寄せ、模範となるべき思いやりを国に示しなさい」と“説教”した。

 強い批判にさすがのトランプ氏もひるんだのか、「私は常にみなさんとともにある。被災者のみなさんに神のご加護を」とツイッターで気遣いを見せることになった。

 今回はトランプ氏が矛を収めた形だが、セレブたちとの確執はまだまだ続きそうだ。 =おわり(産経新聞ロサンゼルス支局長・住井亨介)

関連ニュース