記事詳細

平成最後のNHK紅白 「サザン」「ドリカム」に期待がかかるも…最後はまた安室さん頼みか (1/2ページ)

 今年大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」は、また“あの人”頼みになりそうだ。平成最後となる紅白は、大御所、北島三郎(82)の“男気出演”で弾みがつく一方、「サブちゃんが出るのに“平成の歌姫”の姿がないのは寂しすぎる」という声が上がっているというのだ。

 2013年に紅白を卒業した北島が5年ぶりに戻ってくることは、今年の目玉だ。さらには今年大ヒットした「U.S.A.」を歌うDA PUMPの出場も注目されるが、平成最後の紅白としてはまだ物足りないという声が強いのも事実。

 連続テレビ小説「まんぷく」の主題歌を歌う「DREAMS COME TRUE」の出場にも期待がかかるが、NHKは「現場ではいろんな可能性を探っている」という状況にとどまる。

 紅白を引退の花道にするのではと目されていた滝沢秀明(36)は、ジャニーズ恒例の大みそかのカウントダウンライブで解散した「タッキー&翼」を一夜限りで復活させることを発表。「このライブはフジテレビで中継されますが、紅白に2人で出る可能性もゼロではない」(マスコミ関係者)というが不透明だ。

 今年デビュー40周年を迎えたサザンオールスターズや、今年「Lemon」が大ヒットした米津玄師の出場にも期待がかかる中、やはり関係者の口に上がるのが、今年9月で引退した安室奈美恵さん(41)なのだ。

関連ニュース