記事詳細

サザン、35年ぶりの紅白! NHKホールから「特別枠」出演 アノ名曲の解禁は…

 今年の大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」に特別枠で出演することが明らかになったサザンオールスターズ。デビュー40年を迎えた国民的バンドが、今年最後の大一番にいったいどんなステージをみせるのか。

 サザンとしては2014年以来、4年ぶり5度目の紅白。白組でも紅組でもない特別枠での出演となる。前回は横浜アリーナからの生中継だったが、今回は1983年以来、35年ぶりに会場の東京都渋谷区のNHKホールに登場する。

 NHKでは早い段階からサザン側に出場をオファーするなどラブコールを送り続け、粘り強く交渉を進めていたが、ここ数日でようやく承諾を得られたという。

 NHKホールに立った35年前は「東京シャッフル」を披露したが、頭髪を“紅白カラー”に染めた桑田佳祐(62)と、タキシードに身を包んだメンバーが、楽器演奏をせずに、ミュージカル調に軽快なダンスを踊るという摩訶不思議なステージをみせた。

 今年の楽曲は未定だが、2014年に特別出演したときは「ピースとハイライト」と「東京VICTORY」を披露していることから、今回もメドレーになる可能性が高いという。

 いったい何が歌われるのか。サザンは今年、映画の主題歌にもなった「闘う戦士たちへ愛を込めて」と「壮年JUMP」を配信限定でリリースしている。

 しかし、平成の30年間だけでも「さよならベイビー」「涙のキッス」や「エロティカ・セブン」などヒット曲も多い。

 ただサザン最大のヒット曲である「TSUNAMI」は11年の東日本大震災以降、ライブでは封印されている。果たして、名曲が開封されることはあるのか。

関連ニュース