記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「聖」》定番のクリスマスソングに異変 「レイプを助長する曲だ!」 (2/2ページ)

 

 さて、好意を持った相手に対し、男性(女性も)はどのように振る舞えばいいのだろう。米国で昨今、繰り返し議論されているのは「同意」の大切さだ。12月初旬の米紙ワシントン・ポスト(電子版)の相談コーナーには、ある男性読者からのお悩みが寄せられていた。25年連れ添った妻とお酒を飲み、酩酊した妻が裸で現れ、性交渉に及んだという。「これはレイプにあたるのか」と悩む夫に対し、アドバイザーは「妻は同意の意思表示ができない状態であり、あなたは『婚内レイプ』を犯している」と諭していた。

 時代が変われば、風習も変わる。過渡期にある米国でどんなラブソングが生まれるのか。

 米国の社会問題、ニューヨークの街ネタ何でも取材中。(M)

【zak女の雄叫び】取材や日常…。女性記者21人が月ごとのキーワードで本音を綴るリレーコラムです。12月のお題は「聖」です。