記事詳細

紅白出場の美人演歌歌手がファンに胸を揉まれた!? 丘みどり「どさくさに紛れて…」

 NHK紅白歌合戦に2年連続で出場する演歌歌手の丘みどり(34)が18日深夜放送の「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)に出演。演歌歌手ならではの“あるある”を告白し、番組を盛り上げた。

 この日の番組は「人生いろいろ!美人演歌歌手の年末カミングアウトSP」。丘はまず自身の経歴を振り返り、18歳からアイドルとして芸能活動を行い、21歳で演歌へと転身したことを紹介。しかし演歌歌手としてデビューした当時、事務所の方針で3歳サバを読み、「18歳」と年齢を詐称していた。だがその前にアイドル活動をしていたため、「(年齢が)ばれて、すぐ炎上した」と丘。また当時の事務所の社長が「『18歳の演歌歌手』はキャッチフレーズや!」と丘に言い放った強引なエピソードを紹介し、スタジオを爆笑させた。

 演歌歌手が売れる第一歩として挙げれる仕事が全国各地のカラオケ喫茶回り。丘も演歌歌手になって以来、それを続けていたという。そこでは“おひねり”という風習があり、着物を着ている演歌歌手の襟元(胸元)にご祝儀を入れるというのが基本スタイルだ。丘によると、そのときにファンから胸を揉まれることが多々あり、「(ご祝儀を)入れる途中にどさくさ紛れて…」とぶっちゃけ。丘の告白は演歌界では常識のようで、共演者もその言葉にうなずいた。一方、触られても文句は言えないようで、「イヤですけども…」と苦笑いを浮かべた。(zakzak編集部)

関連ニュース