記事詳細

米津玄師、紅白初出場 ドリカムどうなる!?

 今年、ドラマ主題歌となった「Lemon」が大ヒットしたシンガー・ソングライター、米津玄師(よねづ・けんし、27)が、大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」に故郷である徳島県から中継で初出場することになった。動画や配信などネットメディアで絶大な人気を誇る米津だが、テレビでは初生出演で初生歌唱となる。

 米津は特別枠ではなく、白組枠として出場。すでに出場歌手は発表済みで、追加発表されるのは極めて異例という。

 米津の「Lemon」は今年の年間ランキングで25冠を達成し、ミュージックビデオの累計再生回数は2億4000万回超。楽曲ダウンロード数は200万を超えるなど今年を代表する曲だ。

 NHKは粘り強く出演交渉する中、出身地である徳島からの生中継を提案し出演に結びついた。

 米津の出場で白組22組、紅組21組に。これなら紅白のバランスを取るために、連続テレビ小説「まんぷく」の主題歌を歌うDREAMS COME TRUEが出てもいいのでは。

関連ニュース