記事詳細

【2019大展望!テレビ新時代ズバリぶった斬り】「SMAP再結成」水面下で進行中? 広瀬すずは飛躍の年となるか (1/2ページ)

★(4)

 平成が終わる2019年こそ、昭和と完全に決別する年になる。だが芸能界は輪廻転生の世界、最後は19年を大予想してみる。

 19年には、NHK紅白歌合戦がその役割を終えるかもしれない。1951年のスタート当時は「新時代に相応しい音楽番組を作ろう」という単純な発想だった。すると爆発的な人気を得て、戦後の復興に大きな活力と国民に夢を与えた。

 だが70年代から大物歌手たちの辞退が相次ぎ、出てほしい歌手を確保できない。今年も紅白を卒業したはずの北島三郎や、デビュー40周年のサザンオールスターズ、ニューミュージック界の女王、松任谷由実を拝み倒して何とか格好をつけた。

 総合司会は内村光良、副音声はサンドウィッチマンと渡辺直美、企画枠でチコちゃんと岡村隆史も登場するなど、バラエティー色が強い。来年は一区切りにふさわしい70回目を迎える。

 だが出演者の顔ぶれは、テレビ朝日の『ミュージックステーション』の特番に及ばない。以前から紅白は、番組を終了させて抜本的改革をする必要性が唱えられている。

 19年に噂されるのはSMAPの再結成。これは2020年の東京オリンピックを契機に、オートレーサーになった森且行も加えて、一度だけの再結成企画が水面下で進行しているとの情報。中居正広がまとめ役になり、他のメンバーの同意を得る。もし実現すれば一番喜ぶのは裏切り者と呼ばれた木村拓哉。独立した草なぎ剛、稲垣吾郎は同意するにしても、問題は香取慎吾の説得だ。

関連ニュース