記事詳細

【シネマパラダイス】歌手・ホイットニーのすべてを描く ホームビデオなど貴重映像が満載 「ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー~」

 映画『ボディガード』の成功で頂点を極めた歌手、ホイットニー・ヒューストン。だが、それから20年後、彼女は48歳の若さで不慮の死を遂げる。ホイットニーの身に何が起こり、彼女の人生はどのようなものだったのか。米アカデミー賞受賞作『ブラック・セプテンバー/五輪テロの真実』のケヴィン・マクドナルド監督が、ホイットニーのすべてを丁寧に描いていく。

 ホイットニー・ヒューストン財団の完全協力により、初公開のホームビデオ映像を筆頭に、貴重なアーカイブ映像や記録写真が満載。また、家族やかつての隣人、スタッフ、共演者などのインタビューも収録し、衝撃の事実が判明していく。上映時間2時間。4日公開。

 【ホンネ】マスコミに付け回され、富と名声で家族に確執が生まれ、味方が誰なのかもわからなくなっていく。ホイットニーの栄光と闇の深さを知ると同時に、人間の卑しさも見せつけられた。(映画評論家・安保有希子)★★★★

 ★5つで満点

関連ニュース