記事詳細

【ぴいぷる】無理せず、無理する2019年…藤田ニコル「自分のジャンル決めたくない」 (1/2ページ)

 「最近はイベントにおじさま方が来てくれるようになったんですよ。アイドルのイベントに行くよりも、よっぽどお得、穴場ですよ」

 最近、すっかり大人っぽくなった。見た目だけではなく、しぐさや話し方にも見てとれる。若者の“おしゃれアイコン”だった高校生のころにはない新たな魅力に満ちている。おじさんファンが増えるのも無理はない。

 「別に無理して変わろうとしているわけじゃないし。自分のやりたいメークだったり、着たい洋服だったり、大人っぽいのが好きになってきただけ。ナチュラルに変わってきたって感じですね」

 “おバカキャラ”だったイメージもすっかり影を潜めた。というか、真綿が水を吸うように驚くほどの成長ぶりだ。

 「昔のテレビの映像を見ていたら、発言とか結構ひどいんですよ。クイズでおバカやっていても、知ることが多くて勉強になるんです。敬語も使えるようになりましたし、いろんなことを知って大人になってきています」

 ポップで派手な色使いにも、大人っぽいシンプルなものにも興味がある。それがモデルの仕事にも幅を広げている。

 「自分のジャンルを決めたくはないんです。そういうのを決めたほうが読者には分かりやすいだろうけど、私は決めない。バラバラなのが私。その分、モデルとしても何にでも対応できると思うんですよ。先月はガーリー企画で今月はシンプル企画なんてことも」

関連ニュース