記事詳細

【中本裕己 エンタなう】「ロッキー」を見続けたおじさんは涙腺崩壊…映画「クリード 炎の宿敵」

 「これが最後のロッキー」詐欺-に引っかかって、ずっとシリーズを見続けてきて良かった。ついに、こんな対決が観られるとは。

 ロッキーに弟子入りした、亡き盟友アポロ・クリードの“隠し子”アドニスを主人公に据えて好評を得た前作「クリード チャンプを継ぐ男」に続く、「クリード 炎の宿敵」(公開中)が熱い。父アポロをリングで葬ったイワン・ドラゴの息子ヴィクターから、アドニスに挑戦状が叩きつけられる。アドニスにとっては、まさに宿敵。ロッキーに敗れたイワンもまたロシアで重たい十字架を背負わされ、息子にすべての戦闘DNAを注入してきたのだ。

 この敵討ち血戦に、命のやりとりを予感したロッキーは消極的。だが、あるきっかけでアドニスに加担する。いわば、ロッキー&アポロvsドラゴの代理戦争である。

 すっかり老いたシルベスター・スタローンと、ドラゴ役の冷血さを残しながら悲哀のにじむドルフ・ラングレンが、リングの外から檄を飛ばす場面が感慨深い。そして、恩讐を超えた先にロッキーとドラゴが見つけた生き方に涙腺が崩壊した。

 ボクシング映画の原点に返り、アドニスとともに闘っている気分になる生々しいカメラワークには興奮。なかなか出てこないあのテーマソングのタイミングにもいちいちウルっときて、こちらの年齢も思い知らされるのだった。「ロッキー4 炎の友情」だけでもおさらいしてから観に行くことをおすすめする。(中本裕己)

関連ニュース