記事詳細

朝ドラ女優に恋愛スキャンダルは御法度…永野芽郁が警戒する“アノ俳優” ドラマや映画で共演、遊び人のイメージも (2/2ページ)

 だが、こんな話も…。

 「所属事務所など周囲は永野の今作への出演に期待を寄せる一方、撮影前から恋愛スキャンダルにかなりピリピリしているようです。今作は恋愛作品ではなく、サスペンスとはいえ、主演の菅田をはじめ、『GENERATIONS』の片寄涼太ら同世代のイケメン俳優も多く出演していますからね」とは日本テレビのドラマ関係者。

 朝ドラのヒロイン役でそれまで以上に知名度や好感度もアップし、今が女優として大切な時期ということも分からないではないが、なぜそこまでピリピリモードなのか?

 前出の芸能リポーターはこう語る。

 「朝ドラでブレークした女優は健気な役のイメージが強いので、スキャンダルのダメージは大きい。映画『帝一の國』に続き、今作でも共演している菅田は昨年に菜々緒とのお泊まりデートが報じられたほか、過去には二階堂ふみや本田翼とも交際が取り沙汰されるなど女性関係も派手なイメージですからね」

 さらに、永野の人気上昇とともにメディアのマークも最近は強化されているそうで、「スキャンダル処女の永野ですが、朝ドラのヒロインを機に複数の写真週刊誌や女性誌が水面下で取材に動いています」とのこと。

 脇は締めてかからないといけない。

関連ニュース