記事詳細

広瀬すずと永野芽郁 紅白で周囲ピリピリ…2人への忖度発生 (1/2ページ)

 昨年末、オリコンが調査した「2018年ブレイク女優ランキング」で1位に輝いた永野芽郁(19才)。NHK朝ドラ『半分、青い。』でヒロイン・鈴愛を演じて人気を不動のものにし、現在出演中の連ドラ『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)も3週連続視聴率2ケタ台で右肩上がり。3月には写真集も発売予定で、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

 2018年末の紅白歌合戦には審査員として参加したが、紅組の司会が同世代の人気を分け合う広瀬すず(20才)だけに、ファンは豪華共演に沸いた。

 本番中、星野源(37才)が『半分、青い。』の主題歌『アイデア』を披露すると、永野は目を潤ませた。広瀬が「芽郁ちゃんどうでしたか?」と声をかけると、「いやもう何回見ても泣きそうになる」と感激。自然な会話から仲のよさがうかがえた。

 しかし、現場の空気は張り詰めていたという。

 「仲がいいと聞いていたんですが、2人の周囲がピリピリしていて異様な空気でした。紅白の関係者が“なるべく2人を近づけないほうがいいのでは?”と舞台裏の“配置”にまで気を配っていたようです。広瀬さんと永野さんも、やりにくかったんじゃないでしょうか…」(NHK関係者)

 2人の出会いは2016年の5月。広瀬が専属モデルを務めていた雑誌『Seventeen』(集英社)に、永野が加入する直前だったという。

NEWSポストセブン

関連ニュース