記事詳細

【ジャニーズ変革の衝撃】確執、オンナ、SMAP、カネ… 嵐、活動休止の真相! 大野が二宮に反感?きしみ始めていた“仲良し”グループ (1/3ページ)

 2020年12月31日をもって活動休止することを27日、発表した国民的アイドルグループ、嵐。結成20周年の節目を祝うドームツアーまっただ中の発表となったが、そこにはアラフォーを目前にして、大人になった5人が抱える複雑な思いが交錯している。いったい何が起きているのか。

 27日、嵐5人による会見で、リーダーの大野智(38)は「自由な生活をしてみたい」と心境を明かした。今回の活動休止は大野が17年6月、残り4人を集めて、切り出した。

 その際の心境として、大野は「事務所を辞めなくては、けじめがつかない」と芸能界引退すら覚悟していたという。しかしメンバー間で話し合いを重ねた結果、昨年6月に「活動休止」という結論に達したのだ。

 櫻井翔(37)、相葉雅紀(36)、二宮和也(35)、松本潤(35)がソロ活動を続けるのに対し、大野は個人の活動自体も休止するとしている。

 「もともとアーティスト気質の大野にとって、元SMAPの香取慎吾(41)たちが解散後、自由なアート活動を繰り広げている姿に刺激を受けたのです。それまでも自由に活動していましたが、どこかでアイドルという枠に縛られていることに不満を覚えていました」とジャニーズ事務所に詳しい芸能関係者。

関連ニュース