記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】フライングで“自爆”した小室圭さん 「金銭問題は解決済み」声明文、宮内庁にも事前相談なし (1/2ページ)

 「1月22日に母、佳代さんの金銭問題に関する声明文を発表した、秋篠宮眞子さまの婚約者、小室圭さんを各局の番組が軒並み取り上げましたが、レーティングを見ても視聴者の関心は非常に高い。特にF3層(50歳以上の女性)の食いつきは顕著です。一方の当事者である佳代さんの元婚約者A氏もメディアで反論するなど、問題が蒸し返されることとなり、今後も騒動が取り沙汰されるのは必至です」(民放プロデューサー)

 週刊女性のスクープから端を発した母、佳代さんとA氏の400万円の金銭トラブルは「借金」「贈与あるいは支援」と食い違う主張を世間に問いながら、すでに1年以上が経過。

 宮内庁は2人の結婚儀式を2020年まで延期と発表している。その間、小室圭さんはニューヨークへ留学し、眞子さまと遠距離恋愛中だが、昨年11月、眞子さまの父、秋篠宮文仁親王が小室さんに関する質問を受けて「いまでも2人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、やはりそれ相応の対応をするべき」と回答。さらに「多くの人が納得し喜んでくれる状況にならなければ、私たちは婚約にあたる納采の儀というのを行うことはできません」とおっしゃった。

 「秋篠宮親王の誕生日会見、妃殿下を伴っての場でしたが、小室さんの婚約はかなり踏み込んだ異例ともいえる発言でした。母子一体とされる小室さん親子は過敏に反応し、今年の御代がわりの前に正式に結婚を認めてもらいたいと焦って、今回の声明文を突然発表したのです」(皇室担当記者)

 小室さんの代理人を通じて「金銭問題は解決済み」と繰り返す内容文書を一斉にメディアにファクス、しかし、それが結果的に“自爆行為”といわれている。

関連ニュース