記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】フライングで“自爆”した小室圭さん 「金銭問題は解決済み」声明文、宮内庁にも事前相談なし (2/2ページ)

 「小室さん側は事前に宮内庁に相談せず、フライングの形で自分たちの一方的な主張を流したのです。本来必要なはずの根回しがまったくできておらず、A氏にもこうした声明文を出しますという連絡をしていない。結婚の正当性をアピールするつもりが、周囲を混乱させ、まったくの逆効果になってしまった」(同前)

 小室さんの文書には「元婚約者の方のコメントだとされるものが連日報道される事態となり、私も母もたいへん困惑いたしました。元婚約者の方のご意向を測りかねたからです」とあり、いかにもA氏が嘘をついていると言いたげな様子。

 仮に本人がそう思ったとしても、きちんと双方で話し合いをして解決すべき問題だ。A氏が反論するのはそれができていない証拠である。小室さん自身の危機管理能力のなさが浮き彫りになったと言えるだろう。

 ■中村竜太郎(なかむら・りゅうたろう) ジャーナリスト。1964年1月19日生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から文藝春秋「週刊文春」編集部で勤務。NHKプロデューサーの巨額横領事件やASKAの薬物疑惑など数多くのスクープを飛ばし、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞受賞は3回と歴代最多。2014年末に独立。16年に『スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ』を出版。

関連ニュース