記事詳細

青木アナは嵐の会見で涙 愛されるアナの条件は「共感力」 (1/2ページ)

 2020年いっぱいでの活動休止を発表したアイドルグループ・嵐。その会見で注目を集めたのは、日本テレビの青木源太アナウンサー(35)だ。

 嵐をはじめとしたジャニーズグループの熱狂的ファンとして知られる青木アナは、会見で涙ながらに「休止に向けても2年間の猶予を設けたり、会見でも仲のいい絆を見せ…受け止める側にしたら、どうしたらいいかわからない人もいる。ファンに対してわがままを言えるとしたら、こうしてほしい?というのはありますか?」などと質問。

 熱すぎる姿勢にメンバーも「熱量がすごすぎる」と苦笑いしたほど。

 その後、青木アナはツイッターで「無責任」と質問した記者について「今夜は初めて愚痴を言わせてください。無責任という言葉が会見で出ましたが、それはさすがに違うかと。あの場にいてとても悔しくて悔しくて」と、怒りをにじませた。

 こうした青木アナのネット上では、「青木アナが嵐の会見に参加出来て良かった!」、「ファンである青木アナも辛いだろうに」、「青木さんの深い嵐愛が伝わってきました。本当によく考えて、本当に聞きたいことを絞って、会見に挑まれたのでしょう」、「青木アナのようなファンに寄り添えるアナウンサーがいてもいいのでは」という声が上がった。

 もう1人、まったく別のシチュエーションで“涙”で注目を集めた男性アナがいる。TBSの安住紳一郎アナウンサー(45)だ。1月17日、心不全のために亡くなった市原悦子さん(82)の通夜で、憔悴しきっている様子で、1人離れたところで泣いていた姿をNEWSポストセブンが伝えた。

NEWSポストセブン

関連ニュース