記事詳細

「松坂くんにおしっこをしているところを見てもらう役」 須藤理彩が“前貼り”の使い方を力説

 女優の須藤理彩(42)が29日深夜放送の「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)に出演。濡れ場やベッドシーンなどの撮影現場で使われる“前貼り”について説明し、番組を盛り上げた。

 この日の番組は「私たちにもっと注目して!助演俳優SP」。そのなかで今まで経験した「変わった役」として、須藤が「舞台で、松坂桃李くんにおしっこをしているところを見てもらう役」について説明した。

 この役は、作家・石田衣良氏(58)原作の「娼年」の舞台版でのことで、ストーリーは、松坂演じる「娼夫」がさまざまな女性と関係を持つなかで本当の愛を知っていくというものだ。須藤の役は、劇中で何人か出てくる松坂の女性客の1人で、「私の場合、人におしっこをしてるところを見てもらってエクスタシーを感じる役だったんです。そういう性癖の役」(須藤)。

 舞台上では松坂との1対1の芝居が繰り広げられ、松坂が「僕は(須藤演じる)イツキさんのおしっこがみたいです!」というと、須藤が客席にお尻を向けてストッキングとパンツを脱ぐのだという。当然、観客にはお尻が丸見えだ。

 共演者が「(松坂側からは)真っ裸が見えている?」と確認すると、「下半身だけ」と須藤。そして「でも前貼りはしてますよ。スカートをまくり上げてストッキングを下げてパンツも下げてシャーってやって。桃李君の顔がココ(股間の正面)にある」と説明した。その状況をお笑い芸人の陣内智則(44)は「すごいなそれ!」と驚いた。

 この舞台の楽屋では、共演した女優同士で前貼りチェックをしていたといい、須藤は「三角に前貼りを作るんです。で、三角の先のところをお尻の穴に入れるんです。(下向きにした)三角のところでここ(Vゾーンを貼って)隠すんで…」と力説。熱弁をふるう須藤に番組MCの有田哲平(47)は「そんな解説までありがとうございます」と深々と頭を下げてお礼を述べた。(zakzak編集部)

関連ニュース