記事詳細

【大人のTV】「あるある」の極致…リアルを追求した笑い BSフジ「中川家&コント」

★「中川家&コント」(BSフジ、4日午後11時30分)

 今、コントが熱い。コント番組といえば、ウッチャンナンチャンの内村光良が手がけるNHK総合の「LIFE!」がよく知られる。そこで登場するキャラクターは、NHK紅白歌合戦にも登場したほどだ。

 内村が“東のコント師”であるなら、今の“西のコント師”は中川家といったところか。その中川家が中心となってコントを繰り広げるのが、この番組だ。

 内村のコントが非日常的なキャラクターを作り込むことで生まれるとするならば、中川家のコントは日常を徹底的にリアルに突き詰めることで、笑いに転化しているといえるだろう。

 中川家といえば、次長課長や友近との即興コントが印象的だ。礼二はどこにでもいるようなおっさんをデフォルメしていく。剛は周囲の空間を巧みに作りだしていく。でもリアルさは失わない。中川家のコントは「あるある」の極致なのだ。

 だから、ネタは尽きない。多くのバラエティーで披露しているグアムの税関職員や、ラグビーの審判、阪神ファンのおっさん。幼いころに見たシーンから、日常の風景まで、すべてが物まねの対象で、コントの舞台となっていく。“面白さ”のエッセンスはどこにでも転がっているのだ。

 番組では、そこに、井上聡(次長課長)、松田大輔(東京ダイナマイト)、馬場園梓(アジアン)、久保田かずのぶ・村田秀亮(とろサーモン)、川谷修士(2丁拳銃)、青山フォール勝ち・和田まんじゅう・岸健之助(ネルソンズ)といったひとくせもふたくせもある共演者がからむ。

 いつもの世界観がさらに広がっていく。大がかりなセットや衣装などは必要ない。黒いTシャツだけでも、何だかセットが目に浮かんでくる。中川家の真骨頂が楽しめる番組だ。(F)

関連ニュース